読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

自信がイマイチ持てない就活生のみなさんへ。あなたの強みは意外なところにある!スポーツ×管理栄養士編

3月も下旬になり面接も増えてきました。みなさん、自己PRや学生時代力を注いだことなど、うまく話せるようになってきましたか?

さて、今日は先日出会ったある女子学生のお話を。

初めての面接の前に、提出するエントリーシートの確認と面接の練習をご希望でした。

何事にも自信がなくて…、とのことで、模擬面接をしても声も小さく表情も暗いままで、栄養士の勉強をしてきた普通の学生さん、といった印象でした。

でもよく話してみると、芯のしっかりしていて、実績も十分な方でした!

バスケ、テニスにハンドボールとスポーツをずっと極めてきて、その流れで食に興味を持ち、スポーツ栄養士になれたらと管理栄養士になれる学部を選んで進学。サークル活動では、スポーツ関係者に栄養の大切さを伝えるイベントや授業などを実施。今では某大学の体育会の食事メニューのアドバイスも行っています。

f:id:guruguru1971:20160324220055j:image

就活の軸は、病気の予防に栄養の面から関われる仕事で、そういったことができそうな企業さんを見ているのだそう。

今回受けるのは、給食受託会社。あまり志望度は高くない、とことでしたが、一緒に話すことで、かなりの人数の病気予防に関われそうなこと、スポーツ栄養にも関われそうなことも分かり、志望度が一気に上がりました。

大手なので大企業の社食も多数受託しており、複数の社食を束ねる管理職へのキャリアパスもある。

おまけに

東京オリンピックの選手村の食事を受託する可能性もある。

彼女にピッタリ、ですよね??

そんな企業に対して面接でアピールすること。それは、スポーツ×栄養士として、自分が取り組んできたことを素直に伝えることですね♪

細かいテクニックではなく、そんな内容で勇気付け、面接に送り出しました。

学生さんもアピールする点が分かったので、頑張れそうです!とスッキリした顔で出ていかれました。

きっと、本来の彼女の良さが出せているでしょう!!

ぜひみなさんも自分の強み、見つけてくださいね☆