読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

【就活・転職共通】面接でアピールが苦手な方がうまくいくたった1つの方法

能力もあるし、仕事に対する姿勢もちゃんとしている。だけど、面接で(大抵書類でも)うまく表現できず苦戦してしまう方が新卒時の就活でも転職活動でもいらっしゃいます。

 
なぜつまづいてしまうかというと、採用側が知りたいことの理解不足が一番の原因です。
 
地方にお住まいのCさんのケースをご紹介します。
 
プロフィールは、以下の通り。
 
関西の短大を卒業後、そのまま関西で英語を活かしゲストハウスなどでアルバイトとして数年間勤務。その後地元に戻り、自治体の契約職員として事務職として2年間経験を積む。期間満了にて退職した後、そのまま地元で正社員の事務職として働きたく転職活動中。
 
この経歴を見て、正社員として雇うには、企業は何が気になるでしょうか?
 
  • 短大卒業後、なぜ数年間アルバイトしていたの?→責任感を持って仕事をしてくれないのでは?うちに入っても、本当は他にやりたいことがあり、辞めてしまうのでは?
  • なぜ地元に帰ってきたの?→また都会に戻りたくなって、うちを辞めてしまうのでは?
  • アルバイトや自治体職員としてどれくらい仕事を任されてたのかな?→ただ言われたことをやっていたのか、自分で創意工夫してやっていたのかな?うちの事務職は少数精鋭だから、自分で考えて動いてくれる人じゃないと困るんだけど大丈夫かな?
 
CさんとのSkype面談で、こんなお話をさせていただいたら、今までの面接ではうまくアピールできなかったけど、何をどう伝えればいいかイメージできました!本場ではちゃんと表現できそうです!!とこんな笑顔になられましたよ♪
 
f:id:guruguru1971:20160722064826j:image
 
同じようにアピール不足で悩んでいる方は、自分の経歴のどこが企業側から見ると不安なのか、そんな視点で考えてみてくださいね!きっとうまくいくと思いますよ☆