読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

このままでいい?これから先のキャリアが気になり始めた20代後半の働き女子へ

就活保健室では転職を具体的に考えていない方の相談もOKなのですが、この度、このままでいいのか?とモヤモヤされている20代女性Aさんの相談を行いました。

 
f:id:guruguru1971:20160802020329j:image
 
Aさんは大手メーカに総合職として就職。1年目は本社で様々な部署を経験した後、2年目から工場で購買の仕事を担当しています。
 
だんな様は同じ会社の先輩。2人揃って社内で総合職としてキャリアを積んでいくのは転勤などの関係でなかなか考えられない。自分が働く場所や時間をある程度コントロールできたらいいかな、と考え始め、コーチングの勉強など始められたそうです。
 
キャリアカウンセラーの仕事に興味をお持ちで、自分が受けたかったサービスを提供できたら、と考えていらっしゃいました。
 
具体的には、今まで周りが敷いてくれたレールの上を走ってきた。自分が何がやりたいのか、あまり考えてこなかった。中学生や高校生の時から考える機会を与えるようなもの。
 
でも何からやれば、どう形にしていけばわからない、とのことでした。
 
また、今の仕事にもあまりやりがいを感じず、いつ転勤を命じられるかも分からないし、と悶々とされていたようです。
 
でも、いろいろお話を伺うと、かなり大きな規模で仕事も任されていらっしゃいますし(工場で勤務する人数は2,000人、その内購買担当は7人だそう!)、今のスタイルの就活を経て入社しています。そんな経歴のキャリアカウンセラーはなかなかいないので、強みになりそうです!

Aさんも今の仕事の経験が将来に繋がることがイメージでき、明日からの職場でのモチベーションが上がりそうです、なんておっしゃっていました!!
 
近い内に再度お会いして、経験の棚卸しをしていくことになりましたよ。強みをドーンと引き出す予定です♪
 
側から見ると順風満帆に見える20代後半のキャリア女性もモヤモヤしているんですね。
 
働き方、生き方が多様な時代だからこそ、自分で考え決めていく。そんな力が大切。
 
就活保健室は、あなたが本当にイキイキするキャリア作りのお手伝いをしています。
 
周りの期待や世間を意識したキャリアではなく、自分がハッピーになるキャリア。ピンと来た方は、お気軽にご連絡くださいね。お待ちしています☆