読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

面接が苦手な就活生のみなさんへ。肩に力が入り過ぎていませんか?

8月も中盤ですね。毎日とんでもない暑さの中、スーツ姿で活動中の就活生のみなさん、本当にお疲れ様です。体調には気をつけてくださいね。

 
この時期に出会う学生さんですが、こんなタイプが多いです。

真面目にコツコツ選考を受けているのに、なかなか内定がもらえない。それは、面接での緊張感が極端に高く、自分らしさが全く出せていないからです。
 
先日お話した学生さんも、まさにそうでした。
 
翌日が面接の本番、おまけに一度で決まる、そして一般職でしたので、内容よりも印象が大事。
 
だから、
 
明るくて仕事を頼みやすそう、一緒に働くのによさそうな人だな、と面接で思ってもらえるように明日までにできることに集中する。
 
素直でまっすぐな学生さんでしたので、その良さを本番で出せるようにすること。
 
これだけでした。
 
相談の時間を目一杯使って、面接で聞かれそうな基本的な質問の受け答えだけ、明るく、ハキハキ、感じよく言えるよう、何度も何度も練習しました。
 
それがうまくいったのでしょうか。無事、その会社から内定をもらえたそうです。内心、ちょっと難しいかな、と思っていたので、私も驚いているくらいです。
 
なかなか面接で自分を出せていない方、難しいこと言わなくちゃとか、絶対受かりたい!とか、自分自身にプレッシャーをかけてしまっていませんか?
 
そんな方は、もうやるだけやった。普段の自分を出そう。それでダメだったらしょうがない。そんな気持ちくらいで、面接に臨むのがいいかもしれません。
 
就活保健室は、みなさんを応援しています。一緒に頑張りましょう。
 
f:id:guruguru1971:20160810065419j:image
肩の力を抜きましょう!