読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

インターンシップに申し込みしたら、いきなり選考会になってしまった場合の3つの対処法

学園祭で忙しくしているみなさんも、それが終われば、秋・冬のインターンシップですね!

 
f:id:guruguru1971:20161028073059j:image
 
 
みなさん、参加のための準備、心構えはできていますか?

最近のインターンシップは、エントリーシートが無く、サイトをクリックするだけで参加できてしまうものや、応募者多数の時は選考があります、というタイプが多いようです。

だからといって油断は禁物!

急に「選考を行うことになりました。ご希望の日時をお知らせください」と連絡が来たらどうしますか?

何をしておけばいいの?当日何か聞かれるのかな?など疑問が出てきて焦ってしまうかもしれません。

そんな方は、最低限次の3つのことをやってみてください!

1.自己PRを準備
→当日はアンケートと称してプチエントリーシートのようなものを書かされることがあります。自己PRや学生時代に頑張ったこと、インターンシップへの志望動機など一通り用意しておきましょう。

2.身だしなみ、マナーをひととおチェック
→当日は企業の方にオフィス内でお会いするわけです。オフィスにふさわしい外見にしておきましょう。身だしなみ、マナーができているだけで、企業の方によく思っていただけるわけですから、やらなきゃ損ですね。

3.用意したものを話せるように
→当日、もしかしたらプチ面接があるかもしれません。「自己紹介と自己PRをしてみてください」と急に振られても答えられるように、念のため1.で用意した内容を言えるようにしましょう。

取り急ぎ、最低限3つ挙げましたが、何を準備したらいいかな?と迷ったら、「そもそも」に戻ってみてください。

そもそも私はなぜインターンシップに参加するの?
→この企業の本選考を有利に進めたいから?それとも、業界研究のため?

そもそも企業はなぜインターシップを開催するの?
→就活生と接点を持ち、自社がほしい人材を本選考に促すため?それとも社会貢献?

こういったことを丁寧に見ていくと、やるべきことがわかってくるはずです。

具体的にもっとやり方を聞きたい方は、ぜひ就活保健室にご連絡ください!