読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活保健室の日記

就活保健室に来たあとは、最初の一歩がふみだせる。 そしてはたらくことを考えること、実際にはたらくことが楽しい、元気になる。 そんな状態を目指しています。日々感じていること、若者と仕事に関する情報など。

話が長くて悩んでいる就活生、「お昼に何か食べた?」で短くできます

面接では相手が知りたいことを手短に、かつ分かりやすく伝えることが大切ですが、これが出来ない学生さんが本当に多いです。

例えば、こんな感じ。

人事:自己PRをしてください。

学生:はい、私の強みは○○です。
大学○年生から飲食店でアルバイトをしていました。○○という問題がありました。そこで、○○をしました。また、○○もしました。その結果、○○になりました。社員の方からも○○と評価いただきました。○○という強みを活かして御社でも頑張っていきたいと思います。

○○しました、しました、が続くので、どうしても長くなってしまいます。

では、改善する方法ですが、「お昼に何か食べた?」に、

結論
根拠
まとめ

の形で答えるだけでOK。

人事:お昼に何か食べた?

学生:
結論→はい、うどんと味噌汁です。
根拠→冷凍のうどんと朝ごはんの残りがあったので味噌汁を食べました。
まとめ→やっぱりこの組み合わせはあまり美味しくなかったですw

f:id:guruguru1971:20160513235803j:image

こんな簡単な質問なら、誰でも短く答えられますよね!

中々短く伝えられなかった就活生Aさんですが、この質問で練習したらコツがつかめたようでした。

その後、自己PRなど通常の質問もこの方式で練習したらうまくいきました!!

うどんが頭から離れられない、とおっしゃっていましたよw

同じ悩みを持つ方、ぜひやってみてね!